近況

f:id:goinkyosan:20180209220440j:plain
Q. この写真の中にクルマは何台あるでしょうか?(2/6撮影)

今週は全国ニュースで取り上げてた通り、豪雪に見舞われてBMSで遊ぶ余裕もありませんでした。ただ、ここまで積もると一種の奇祭ですね・・・(笑) 雪かき・悪路の運転・食糧調達もゲームと思えば意外と楽しめました。多くの社員が遅刻や欠勤を繰り返す中、無遅刻無欠勤を達成できたのは、運と戦略が上手くかみ合ったからだと思います。

しかし雪かきの疲労は確実に蓄積しているようで、この三連休は大人しく過ごす予定です。さすがに夜10時まで雪かきをして、朝5時に起きて再び雪をかく日々はヘビーでした。

 

A. たぶん5台(自分のクルマはいません)

BMS等

f:id:goinkyosan:20180204220057p:plain
★7 Neural Network [Append]更新(HS293, SUD+13%)
雪かきという名の筋トレをこなした後にBMS。雪かきは腰に気を付ければ結構ヘビーなトレーニングになります。そうとでも言わんとやっとれんってのが正直なところですが・・・

BMSの方は★7を複数回クリアしただけでなく、内容も全体的に良くなってきています。★8の壁をHS293のまま突っ切って★10に特攻するのが当面の目標になりそう。

 

【読書】
Kindleの購入履歴を調べたところ、ここ2ヶ月で25,000円も使っていることが判明。BMSを再開したことで読書量は減るでしょうが、思ってたより遥かに金額が大きくてびっくりしました。まあでもガチャを回してた頃に比べたら可愛いもんです。

『あかね空』の方は第一部を読了。スピード感のある展開で長い割に楽しく読めました。ネタバレは避けますが、おふみという登場人物の毒親っぷりは見物です。

BMS等

f:id:goinkyosan:20180203213847p:plain
▼2 88D [HARD]更新(HS293, SUD+13%)
低難度譜面を中心にリハビリ。★4くらいまでは以前と変わらないレベルで見切れるようになったかと思います。でも特攻を再開するには少し足りないかなあ。

 

【たわごと】

「コーヒー手渡しやってる暇ない」コンビニ人手不足で店員の仕事量増加、やりがいも乏しく (弁護士ドットコム) - Yahoo!ニュース
確かに自分がバイトしてた頃に比べて、店員の仕事は確実に増えていると思います。将来的には無人コンビニが普及して解決する問題かもしれませんが、サービスの過剰競争は何とかしてもらいたいもんです。個人的にはコーヒーもレンジもセルフで十分だと思うんですけどね…

BMS等

f:id:goinkyosan:20180201222716p:plain
★7 Ascension to Heaven [EXPART]更新(HS293, SUD+13%)
昨日今日と遊んで、譜面の認識については70%くらい取り戻せたと思います。★10以降は少し遠いかなあという感じですが、HSのブーストに頼らず気長にやります。スコアは地力というより判定位置調整の問題ですかね。通常譜面で調整すれば何とかなるでせう。

 

【読書】
あかね空という小説を読書中。時代劇をあまり見ないのもあって、こういう時代小説で情景をイメージするにはGoogle画像検索が欠かせません。分からないまま読み進める人も多いでしょうが、それは文字からあれこれ想像するという小説の楽しみを放棄していることになるので、面倒でも分からないことは調べるように心がけています。

BMS等

f:id:goinkyosan:20180129215942p:plain
★2 une fleur [EXTRA]更新(HS293, SUD+13%)
思い切ってHSを下げてみたところ、少しずつ譜面が見えるようになりました。もしかすると、今まで伸び悩んでいた原因は安易にHSを上げて誤魔化し続けたツケだったのかもしれません。

課題だったプレイ時間の確保は晩酌を控えれば何とでもなりそうです。呑んだくれて放埓な余暇を過ごすのも悪くないけれど、呑まない時の1時間は呑んだ時の3倍の長さにも感じられ、ちょっとしたオトク感も味わえます。

 

【読書】
週末に読んだabさんごという作品は読みづらさという意味で衝撃的でした。なんで芥川賞に選ばれたのか素人の私には全く理解できませんでしたが、ネット上の感想を楽しむことを励みに読み切れたという面が強かったです。

話自体は家政婦と娘の不仲で娘が家出をして云々といった特に変わったところもなく、最後は意外にも(失礼)綺麗な終わり方をします。しかし固有名詞が一切ない、横書き、平仮名の多用(ただし難読語は漢字)、妙に長い主語述語、独特の比喩表現といった感じで、これでもかと言うくらい読みにくい文章です。

これを嫌がらせと見るか、前衛的な試みと見るか・・・というところでしょうかね。個人的には前者と捉えて、暗号解読ゲームのような楽しみ方がいいのかなあと思いました。(各主語の指す人物を考えるだけで脳トレになります)

話(ブログ?)のネタにはなりますので、普通の読書に飽きたという人にオススメです。

読書等

しばらくぶりの更新。

Kindleで読める直木賞・芥川賞受賞作一覧
最近はこのサイトを参考にして、直木賞芥川賞の受賞作を無作為に読んでいます。受賞作が必ずしも良いとは限りませんが、色んなジャンルを読みたい場合は選ぶ手間を省けます。

あまり遡ってもキリがないってことで、なんとなく2000年以降で文庫化してるものを優先しており、直木賞は8割くらい、芥川賞は半分くらい読みました。今後は読むペースを落としつつ、暇な時に簡単な感想でも書きたいと思います。

 

BMS

f:id:goinkyosan:20180128221536p:plain
★1 aliceblue (Radio Edit) (SP EX)更新(HS300, SUD+13%)
2018年初BMS。さすがに1ヶ月も放置すると発狂譜面がほとんど見えなくなり、★4以上は選ぶ気にすらなれないくらいでした。以前ほど頻繁には遊べなさそうだけど、こちらも暇を見てプレイ間隔を空けすぎないよう、ぼちぼちリハビリしたいところ。

Kindle oasis

f:id:goinkyosan:20171228073532j:plain
スマホタブレットだと長時間の読書は厳しいため、Kindle端末を購入。思い切って唯一7インチ(他モデルは6インチ)のKindle oasisにしました。

数日ほど使ってみた感じ、バックライトを使っていないだけあって、数時間くらい読書してもスマホタブレットの時に感じる目の疲れはほとんどありません。懸念していた処理速度は問題無く、ページ送り/戻しはサクサクです。物理ボタンは頻繁には使ってないけど、片手で読むときになかなか便利。

不便に感じたのは、知らない単語を調べる時にWebブラウザを使えない点です。スマホだと選択範囲をGoogleで検索できるのですが、Kindleだと辞書かWikipediaしか使えません。そのため画像検索したい時はスマホやPCを併用する必要があります。

とは言え、そんなのは重箱の隅をつつくようなもんで、全体的には期待以上でした。やはり紙に近い質感で読めるのはいいですね。